スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物のマッサージセミナー~3日目~

2011.12.04 08:26|学会・セミナーの話
昨日、今日ボランティアの飼い主さんに協力してもらい、
各症例ごとにグループでわかれてマッサージの勉強をしました。

昨日のメインは、なんと「馬」でした!
CHI・抵シ鯉シ捺律逶ョ+021_convert_20111204083016
たとえば、Dou-faというテクニックでは
足を持ち上げて、本人(馬)がリラックスするの待って
力が抜けてきたらそーっと、揺らします。
最初はそっと、そしてだんだん骨盤の方まで揺れが伝わるようにします。

犬猫の獣医師も、馬だとバラエティにとんだ
マッサージの仕方が勉強できる
という理由で
授業に組み込まれているのですが、ペットで馬を飼うアメリカと違って
日本では馬に触ることなんて、普通はゼロですよね?
私の通っていた大学でもさすがに足先やお腹を触ったりすることは無かったですし…。

正直どうやって、馬に触るのか、という基本的なところからワカラナイぞー!
(心の声)

でも、本当におとなしいいい子ばっかりで
大変良い勉強になりました。
こんなチャンス滅多にないと思って、がっちりマッサージしてきました

続いて、本日は実際の犬の症例でした。
この子は施設からレスキューされた分離不安症の犬です。
CHI・抵シ鯉シ捺律逶ョ+070_convert_20111204085421

リラックスするツボを優しくクルクルと
マッサージをしたら、うっとり寝てしまいました

マッサージは鍼治療が受け付けない激しめの性格の子たちには
火のタイプの性格の子など)
鍼のかわりとして使えるほど、効果は侮れないようです。

明日は最終です。気を引き締めて頑張ります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑よかったら応援ぽちお願いします
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

内田瑞穂

Author:内田瑞穂
獣医師 CVA(獣医の鍼灸師)CCRT(犬リハビリセラピスト)

アメリカで動物のリハビリを勉強しているときに、鍼灸が非常に受け入れられているのをみて可能性を感じ、そこから東洋医学にはまってしまいました。「西洋医学+東洋医学のいいとこどり」を目指しています。

おっとりマルチーズ(すく太)とお尻かじり虫のヨーキー(エリザベス)と生活しています★

ホームページはこちら→ http://mizuhovc.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。