スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれつき抱えている問題と東洋医学

2012.04.23 21:47|東洋医学豆知識コーナー
生まれつきの問題(先天性の問題)を抱えている子たちに、
時折診察で出会います。
そして、東洋医学診察を希望して受診される場合、
たいてい一通り検査等で診断がついていることが多いです。

その上で、何らかの理由で手術できない、もしくは希望されないときや
西洋医学による内科的治療が適応でない、もしくは希望されないときなどに
当院の診察を希望されることが多いように感じます。

そこで、今日は東洋医学ではそのような病態とどのように
関わっているのか、触れてみたいと思います。


▽精とは?▽
先天的な問題には、「精」が大きく関係しています。
「精」は、体の成長を促し、生殖のために必要不可欠とされ、
遺伝子も「精」の一部と考えられています。

また、この「精」は生命の源であり、両親から受け継ぎ、
出生時に腎(東洋医学的な腎)へ蓄えられます。
そして、寿命が尽きるまで命の炎の燃料となります。
つまり、この「精」がなくなる=寿命であると言えます。

▽生まれつきの問題がある…ということは?▽
先天的な問題がある子の場合、この「精」が不足している状態、
と東洋医学では位置づけられます。
これを「腎精不足証 Kidney Jing Deficiency」といいます。

▽腎精不足証の症状は?▽
・成長が遅い
・成長に伴う整形疾患
・歯が抜ける・被毛が抜ける
・スタミナ低下 他

▽治療法は?▽
実は、「精」には二種類あります。
ひとつは先天性の精、もうひとつは後天性の精です。
先天性の精は、量が決まっていて外からの働き掛けでは増やすことができませんが、
後天性の精は、ご飯の栄養を用いて脾(東洋医学的な脾)が作り出すことができます。

そして、それぞれの役割ですが、
寿命と直接関係する精は先天性の精であり、
後天性の精は、その補助燃料になります。
だから、私たちが外側から手助けできるとしたら、
少しでも元気に長生きしてもらう、といった目的のために
腎や脾を刺激したり、栄養を十分にとってもらいながら
後天性の精を増やすことが大切になります。

(といっても、栄養を取っていれば不老不死になるわけではありません。
後天性の精はあくまでも、先天性の精の補助燃料ですので。)

つまり、腎精不足証の場合は、
①腎の働きを強化する
②後天性の腎精を補う
②脾の働きを強化する 
 がメインの治療方針になります。

また、順番が逆になりましたが治療目標としては、
①QOL(生活の質)の改善
②免疫力向上など丈夫な体づくり  
③その時その時の問題に応じた治療を行うこと
(疼痛緩和など)    
であり、生涯上手に付き合っていくことが目標になります。

▽鍼治療的には▽
腎経絡、脾の経絡を刺激するツボ
それぞれの症状に応じたツボ

▽漢方薬的には▽
それぞれの症状・病態に応じて選びます


「腎精不足証」、決して多くはないですが時折みられるこの病態に対して
今日はスポットを当ててみました。
東洋医学的な話が混ざっていて、なかなか理解しがたいところもあるかと思いますが
診察の補足説明として、少し詳しめに書いてみました。


さいごに…頑張るわんず紹介コーナー
タイトルは、
本日のおしゃれ名鑑(夢南ちゃん&舞鈴ちゃん)
011_convert_20120423213216.jpg
毎回鍼治療のときのお洋服が違う、おしゃれパピ達です。
鍼治療中の写真もありますが、二人でカートに乗る風景がかわいくてこっちを
載せちゃいました。

吐き気や関節炎、鍼治療&漢方薬で調子が良いようです。
体調管理のために鍼治療を定期的に行っています。
これからも、元気でカワイク行きましょうね



◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
◆往診ではなく病院での診察をご希望の場合は、土曜日のみ予約制で
アニマルクリニックこばやし(埼玉県深谷市)でも診察しています。
埼玉県深谷市 アニマルクリニックこばやし
◆八幡山の「エルムスペットクリニック」でも金曜日のみ診察しています。
予約制ではないので、直接お越しください。
八幡山 エルムスペットクリニック


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑よかったら応援ぽちしていただけると励みになります!
いつもポチありがとうございます
スポンサーサイト

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

こんばんは。
次の診察で写真のことお伝えしようかな、と思っていたのですが
先を越されてしまいましたねv-356

夢南ちゃん、ビクタスクリームでとりあえず痒みをとめて
患部の炎症を抑えてあげるのは良いと思います。
抗生剤のお注射を使用して、患部が落ち着いてもおとなしいままだったら
またリウマチの再発も心配ですのでその場合は病院にご相談くださいね。

お大事になさってくださいe-466
非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

内田瑞穂

Author:内田瑞穂
獣医師 CVA(獣医の鍼灸師)CCRT(犬リハビリセラピスト)

アメリカで動物のリハビリを勉強しているときに、鍼灸が非常に受け入れられているのをみて可能性を感じ、そこから東洋医学にはまってしまいました。「西洋医学+東洋医学のいいとこどり」を目指しています。

おっとりマルチーズ(すく太)とお尻かじり虫のヨーキー(エリザベス)と生活しています★

ホームページはこちら→ http://mizuhovc.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。