スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間のリハビリの学会に行ってきました★ 【日本呼吸ケア・リハビリテーション学会】

2016.10.12 21:24|学会・セミナーの話
今日はと~っても爽やかな秋晴れの日でしたね
涼しくなってきたので、メイ(うちのわんこ)もはりきってお散歩に行ってくれて、一安心です

手のイボちゃんを舐めカジしてえらいこっちゃになってしまったので、
毎日包帯巻き替えと、お薬&エリザベスカラーの刑にあってしまったメイ。。。

写真 2016-10-12 21 11 14


ま、本人はあんまりカラーは気にしていないようでホッ。
あと、2,3日の辛抱です。


さてさて
うちの子の話始めると、病院ブログのはずがすっかり愛犬家ブログになってしまうので、
いざ本題へ~

先日、横浜で行われた、「日本呼吸ケア・リハビリテーション学会」へ行ってきました。

写真 2016-10-12 21 11 06


人間の学会なのですが、
リハビリテーションをどうやって医療と適合させているのか、すっごく参考になりました

難しい病気や高齢化によって、呼吸困難な子や嚥下困難の子に対して、
それらを楽にするリハビリテーションのヒントが無いか、と思って参加しました。

「誤嚥させない」というテーマは人間も同じようで。
食べ物と、喉の通りやすさ、飲みこみやすさ、などの相関図も興味深かったです。

サルコペニア、という主に高齢者において筋肉が痩せ衰える状態も、まさに
日々何かできないかと興味津々の分野だったのですが、

こちらもちょうど日本人の超高齢化の中でアツい分野だったようで
栄養学的な管理の話、口腔ケアの話、色々聞けたのがなかなか収穫でした。
動物にもいろいろと応用できそうです。

あまりに盛りだくさんの内容がいっきに集結していたので、
あーもうちょっと掘り下げて聞きたいのにということも多く、
ごっそり本も購入したし、知識の穴埋めもしていこうと思います。

写真 2016-10-12 21 10 54


どうしても、獣医療でリハビリ、というと
整形外科や神経外科のあと、足が上手につけるように、というイメージが強いのですが、

リハビリには動物の生活の質が向上できるような可能性がたっぷり秘められているので、
これを往診を通してもっと皆様に還元できるようにしていかないといけないですね
頑張ります


★おまけ★

はっぴはろうぃ~ん頭にドクロちゃん乗せた、エリザベスです

写真 2016-10-12 21 16 34

◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

内田瑞穂

Author:内田瑞穂
獣医師 CVA(獣医の鍼灸師)CCRT(犬リハビリセラピスト)

アメリカで動物のリハビリを勉強しているときに、鍼灸が非常に受け入れられているのをみて可能性を感じ、そこから東洋医学にはまってしまいました。「西洋医学+東洋医学のいいとこどり」を目指しています。

おっとりマルチーズ(すく太)とお尻かじり虫のヨーキー(エリザベス)と生活しています★

ホームページはこちら→ http://mizuhovc.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。