--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.09.19 16:23|プライベートな話
すっかり季節は秋雨シーズン。涼しいけれど、わんずのお散歩のタイミングを計るのに一苦労ですよね 

メイちゃん(私の犬)は長毛なのでちょっと歩くとすぐびしょ濡れになってしまいます
長毛種のみなさん、濡れると毛玉ができて大変ですよね、、、

蜀咏悄_2016-09-18_16_34_59_convert_20160918170448

さて。

実は4月から日大こと日本大学の動物病院の整形外科でときどき見学をしています。

こちらが入口。広すぎて一枚に収まらない、、、
image2.jpg


こちらも、だいたいどこの獣医大学にもいる(?)看板・癒し猫。
image1.jpg


大学病院の写真はUPできないですが、大学も卒業してはや10年余りが経ち、
開業して4年目、と時間の経過はあまりに早く


知識や今の医療スタンダードをアップデートのため、
若いピチピチ(死語、、、?)の学生さんや熱意あふれる研修医の皆様の
お邪魔にならぬよう、ひそやかに見学させていただいています


みずほ動物病院は、
鍼灸での緩和治療リハビリ診療を望まれる飼い主様のもとへ日々往診していますが、
「これは、手術の方が良いのかどうか」、という基準を大事にしていきたいと思っています。


これからも、その広げた見分をもとに、
飼い主様とよ~く相談して、この子にとってこれが一番してあげたいこと
とご納得していただいてから、治療に取り掛かれるよう、前進していこうと思います。



★おまけ★

あたち、5歳になりまちた
(母のヨーキー、エリザベスです)
写真 2016-08-16 21 19 11
まだまだお転婆娘で、野生テイストが抜けません 笑


◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
スポンサーサイト
2013.02.10 12:59|プライベートな話
さてさて、ちょっとご無沙汰になってしまいましたが…
最近はまさに三寒四温を地で行く天気ですね

今日は、「THE★うちの子ネタ」です
先日うちのエリザベス(ヨーキー)が
無事しつけ教室のステップアップクラスを終了しました~

辟。鬘契convert_20130210142201
           ↑修了証書

成城学園に本拠地を構える、「Can!Do!(キャンドゥ)」というしつけ教室に
通っていたのですが、初級クラスに続きステップアップクラスも終了できました

Can!Do!のリンクは→→→コチラ

ここは、雑誌「いぬのきもち」のしつけコーナーで良くみる西川文二先生
しつけ教室で、科学的な理論に基づき、褒めてしつけるタイプのしつけをしています

084_convert_20130210141318.jpg
↑雑誌「いぬのきもち」以外にも、こういう本もあります。
(実はうちのエリザベスもちょっとお手伝いしました←親ばかでスミマセン!)

この西川先生との出会いはさかのぼること…10何年前??
私がまだハタチかそこらだったころ(お、恐ろしい…そんなに前か)。
東京農工大学で学生をしていたころに、「しつけ教室サークル」が結成され、
そのときにインストラクターとして来てくれた先生です。

それはまだ、おりしも褒めてしつけるタイプのしつけが出てきたばっかりの頃。
私は、先代ヨーキー「ルビー」を大学に連れて行き、しつけを習っていましたが
我が家では、ルビーもついに大学生かぁ~などとのんきなことを言っていた(笑))

もう10歳目前だというのに、様々なコマンドを覚えてくれてびっくりだったし
何よりしつけを通して、彼女とより深くかかわれた気がしました。
(彼女もイキイキして楽しそうだったし

西川先生は、

ただ、しつけのノウハウがわかるだけでなく、みんな獣医の卵なんだから、
獣医になってから、しつけの重要性を飼い主さんや世の中に発信できる立場なんだから
」と、

私たちがしつけのアドバイスをできるようになることを目標に
時間オーバーもしょっちゅう、ビシバシ指導してくれました。

今でも基本的なスタンスについては理解しているので、
診療の場の「そういえば先生、この子ったら…」というときに、
「まずはこういう考えで接してみてね」というお話しすることはできます。

もし、たまたまこのページを見ている方でしつけ教室も興味があって、
成城学園は遠いし無理、という方でも、

平塚・船橋・成田・三鷹
で定期的に出張レッスンをしているみたいなので
良かったら上記のHPで確認してみるといいかもです。
(この区域外でも、条件により出張可能かも??)

余談ですが、エリザベスを購入したブリーダーさんに、
「今しつけ教室に通っています」とメールしたら
「なぜ?大丈夫ですかっ!?」と(うちから出した子の性格が何か大変なことに!?)と逆に
心配をかけてしまいました…スミマセヌ

でもでも、

家庭犬のしつけは、
人間社会で共生するためのルールを教えてあげて過ごしやすくしてあげたり、
人間とより良い絆を作る役割もあるので、やっぱり…おススメ

とっくに中年になった成犬でもネ



★おまけ★
去年の、Can!Do!でのクリスマスパーティーにて。
プロのカメラマンさん撮影はやはり違うのぅ~
_DSC5446_convert_20130210144727.jpg




◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院

◆獣医専門誌の「CAP」にて、毎月連載しています
今月のテーマは、「第10回 知っ得!~中医学診療の現場でよくあるQ&A~(漢方薬編)」です
CAP1301[1]


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑よかったら応援ぽちしていただけると励みになります!
いつもポチありがとうございます

テーマ:*ヨークシャーテリア*
ジャンル:ペット

2012.11.18 21:29|プライベートな話
先日うちの子(エリザベス)の避妊手術をしまして
今日はその後談を

仕事で手術することはめっきり無くなって久しい中、
ひさしぶりの手術が自分ちの子という、
眩暈がするような状況でしたが

スタッフの方達の温かいサポートのおかげで
スムーズに終わりました
エリザベスも小さいわりに手術しやすかったですし。

【手術直後】「Zzz...」
005_convert_20121121084509.jpg

【次の日】「今日はハウスから一歩も出ないつもりよっ…!(ご飯のとき以外)」
009_convert_20121121084759.jpg 010_convert_20121121085234.jpg

実際ほとんど出てきませんでした
最近はびっくりすることがあると
なにかとハウスに避難していたエリザベス。

でも、その後はみるみる元気を取り戻し、
すく太(マルチーズ)を追いかけまわすように。


すく太よ、文字通り三日天下だったな。。。


そーなんすよ!こいつ(エリザベス)もうしつけ教室行くとか言って
キャリーから出てこないんすよ
」byすく太
アタシ、もうすっかりルンルンだからぁ」byエリザベス
014_convert_20121121085612.jpg

おかげさまで、無事今日抜糸しました
診療のとき、ご心配でお声かけていただいた皆様、ありがとうございます。

いやはや、このブログ、そろそろお役立ち情報をお載せしないとですね。
次は、わんちゃん大好きな顔マッサージのときに知っとくと
お得なツボたちについてお話ししようと思います


◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院

◆獣医専門誌の「CAP」にて、毎月連載しています
今月のテーマは、「第7回 あなたの動物は何タイプ?~五行説で分けてみよう~」です
CAP1210[1]



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑よかったら応援ぽちしていただけると励みになります!
いつもポチありがとうございます
2012.11.14 09:30|プライベートな話
あぁ~、ついにこの日が来てしまいました
(今日は完全に「うちの子」ブログです)

何が来たかって…
うちの子の避妊手術の日、です
いくつか候補病院がありましたが、結局一番家から近いところで
行うことにしました。

自分が病院側にいると、
「今日スペイ(←避妊手術のコト)何件?」など
軽~く話しているくせに
うちの子のことになると朝から憂鬱です。

病院がトラウマになったらどうしよう…
私のこと怖がるようになったらどうしよう…

2kg無い体ですから、麻酔だって
ちょっとはリスクが上がります。
(まぁここはそんなに心配していないのですが)

うーん、自分で心配なことを探しては
ドキドキしているという

心を落ち着かせて、
こないだ代官山でカメラマンに撮ってもらった写真をペタリ。
ちなみにこのお店は、フリースティッチというお店です。(リンクはこちらをクリック
_MG_2911.jpg

ちなみに、こちらのお店のグッズはシンプル&良品、みたいなので
「無印良品」などのシンプル系が好みの方にはオススメかも。
(うちのエリザベスが来ているのも新作です)

さて、それでは今日はワタクシ事ばかりでしたが、
早く無事に終わりますように、、、。



◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院

◆獣医専門誌の「CAP」にて、毎月連載しています
今月のテーマは、「第7回 あなたの動物は何タイプ?~五行説で分けてみよう~」です
CAP1210[1]



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑よかったら応援ぽちしていただけると励みになります!
いつもポチありがとうございます
2012.10.31 11:38|プライベートな話
突然ですが、私は実は「本好き」です

といっても、世の中の読書家に比べれば、
隙間時間にちょこちょこ読んでる程度なので
たいした数は読めていないかもしれません

たいてい小説なのですが、たまにそうでないものも読みます。
今回、こんな本を見つけました。

41Tvf0UXtcL._SL500_AA300_[1]

本:「平穏死」 10の条件 胃ろう、抗がん剤、延命治療いつやめますか?
(長尾和宏 著)

仮にも「動物病院」なるブログで「死」に関する話をするのは
大変デリケートなところでもあるのですが…
でも、いつかは誰もが、自分の愛する動物だけでなく自分自身も
死を迎えるので、何か参考になればと載せてみました。

この本の著者は、人間のお医者さんで50代の現役バリバリの先生で、
在宅医療を行う町のお医者さんです。

本では、いずれおとずれる死に関していろんなケースが載っていて
「自宅で家族に看取られて死にたい」
「自然に死にたい」というような「平穏死」を願う人が多い一方、
なかなかそうならない現実が訴えられていました。

①病院側の都合
②患者・家族の都合

どちらにも原因はあるようです。

病院側は、基本「患者を死なすことは敗北である」という認識が強く、
(それゆえ、訴訟になりにくいように延命治療を施しがち)

患者・家族側は、
「とりあえず救急車」(救急車を呼ぶと、救急処置としての延命処置もセットに
なりがち)「最期は病院におまかせ」(そんな大事なこと家族で決められない)
といったところなど、実にいろいろな背景が絡んでいるようです。

筆者は、自宅は「世界最高の特別室
と述べています。もちろんそのためには、痛みの管理を含めた
生活の質をしっかりサポートする医療が必要です。

そして、「リビング・ウィル」という延命治療に関する自分の考えを
正式に表明することをおススメしています。

なるほど、人の方は死を迎えるのにこんなに大変なのか…!
普段人の死とはとんと離れた生活をしている者としては
びっくりすることだらけでした


それを踏まえて、動物のことを考えてみると…
動物の場合は、もっと自由に選択できることが多い。

そもそもの寿命が人間より短いので、飼い主さんが
きちんと(具体的に)死について考える機会が多いのかな、と思います。

どこで葬儀をしてもらうか、お墓をどうするかということを
生前に考え、下見していらっしゃる飼い主さんにも出会います。
(私自身、亡くなった自分の猫に関して生前から霊園や最期どうするか
決めていました)

動物病院の役目も、いかに健康を長く維持するか(予防や治療で)、
と同時に、いかに飼い主さんが思うようなみとり方に
お力添えできるか、ということもかなり大事なように思います。

今私が行っている東洋医学やリハビリな診療は、
そういった「ゆりかごから墓場まで」とはそれてしまいましたが、

シニア世代を迎えた動物たちに対して、薬ではどうにもならないところに
手が届くような治療ができたら、という思いで日々診療をしています。


あぁ…また堅い内容になってしまいました
でも、この本は大変読みやすいので、誰にでもおススメできる本です。

賛否両論ある本のようですが、
自分の死、家族の死、について自分はどうしたいか、という
きっかけになると思います。

もしよかったら→この本のamazonリンクはコチラ


★おまけ★
最近、ツヤツヤしてきました。(うちのヨーキーのエリザベス)
実はもう少しで避妊手術の日が来ちゃいます…
021_convert_20121031122249.jpg




◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院

◆獣医専門誌の「CAP」にて、毎月連載しています
今月のテーマは、「第7回 あなたの動物は何タイプ?~五行説で分けてみよう~」です
CAP1210[1]



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑よかったら応援ぽちしていただけると励みになります!
いつもポチありがとうございます
08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

内田瑞穂

Author:内田瑞穂
獣医師 CVA(獣医の鍼灸師)CCRT(犬リハビリセラピスト)

アメリカで動物のリハビリを勉強しているときに、鍼灸が非常に受け入れられているのをみて可能性を感じ、そこから東洋医学にはまってしまいました。「西洋医学+東洋医学のいいとこどり」を目指しています。

おっとりマルチーズ(すく太)とお尻かじり虫のヨーキー(エリザベス)と生活しています★

ホームページはこちら→ http://mizuhovc.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。