--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.10.26 22:44|学会・セミナーの話
こんにちは 
リハビリテーションおよび鍼灸・漢方診療の 【みずほ動物病院】 です。

だんだん寒くなってきましたね 
今日はやや暖かいようですが、うちのわんずはすでにフリース対応です

体質的に冷えが強い子、寒くなると足腰の症状が悪化する子などには
お灸をすることがあります。

昨日のメイはこんな感じ…
ぼやぁ~ 「暖かいわぁ~」

(保護されたメイは幼少期におそらく交通事故に合っていて、関節炎がびっくりするほどひどいのです

写真 2016-10-26 22 43 16


写真撮り忘れましたが、お灸で火がついているついでにエリザベスとすく太にもやってあげたら
気持ちよさそうに目をつぶっておりました。このヒトたちはただのリラクゼーション(笑)

さてさて。

先日、日本動物理学療法研究会のセミナーに行ってきました

写真 2016-10-26 22 28 29

どちらかというと、理学療法士さんに向けた内容がメインでしたが、
なかでも理学療法士さんからの症例報告は今回の一番のお目当て

獣医目線では無い考え方や視点など、聞いていて大変参考になります
まとめ方とか、、、

みなさん、本当にあの手この手で工夫しながらリハビリをされていて、
アレが無いからできなーい、みたいなことは無く、そのアツい気持ちも刺激になりました

以前別のリハビリセミナーでご一緒した獣医師さんや看護師さんとも出会え、
彼女たちの頑張りからも、とっても良い気をいただきました

私も往診でリハビリを行う者として、
ご家族が実際毎日行うリハビリをいかに簡単に、間違いなくできるようにするか、
工夫していかなくちゃね、と新たに決意です

今現在私と一緒にリハビリを二人三脚で頑張っている方、(わんこも入れたら三人六脚??
どんどん意見交換していきましょうね~

★おまけ★

たそがれすく太 「Hmmm~....天高く犬肥ゆる秋…」

、、、って嘘です! トリミング前なだけです(すく太の名誉のため 笑)
写真 2016-10-26 22 28 21


◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
スポンサーサイト
2016.10.12 21:24|学会・セミナーの話
今日はと~っても爽やかな秋晴れの日でしたね
涼しくなってきたので、メイ(うちのわんこ)もはりきってお散歩に行ってくれて、一安心です

手のイボちゃんを舐めカジしてえらいこっちゃになってしまったので、
毎日包帯巻き替えと、お薬&エリザベスカラーの刑にあってしまったメイ。。。

写真 2016-10-12 21 11 14


ま、本人はあんまりカラーは気にしていないようでホッ。
あと、2,3日の辛抱です。


さてさて
うちの子の話始めると、病院ブログのはずがすっかり愛犬家ブログになってしまうので、
いざ本題へ~

先日、横浜で行われた、「日本呼吸ケア・リハビリテーション学会」へ行ってきました。

写真 2016-10-12 21 11 06


人間の学会なのですが、
リハビリテーションをどうやって医療と適合させているのか、すっごく参考になりました

難しい病気や高齢化によって、呼吸困難な子や嚥下困難の子に対して、
それらを楽にするリハビリテーションのヒントが無いか、と思って参加しました。

「誤嚥させない」というテーマは人間も同じようで。
食べ物と、喉の通りやすさ、飲みこみやすさ、などの相関図も興味深かったです。

サルコペニア、という主に高齢者において筋肉が痩せ衰える状態も、まさに
日々何かできないかと興味津々の分野だったのですが、

こちらもちょうど日本人の超高齢化の中でアツい分野だったようで
栄養学的な管理の話、口腔ケアの話、色々聞けたのがなかなか収穫でした。
動物にもいろいろと応用できそうです。

あまりに盛りだくさんの内容がいっきに集結していたので、
あーもうちょっと掘り下げて聞きたいのにということも多く、
ごっそり本も購入したし、知識の穴埋めもしていこうと思います。

写真 2016-10-12 21 10 54


どうしても、獣医療でリハビリ、というと
整形外科や神経外科のあと、足が上手につけるように、というイメージが強いのですが、

リハビリには動物の生活の質が向上できるような可能性がたっぷり秘められているので、
これを往診を通してもっと皆様に還元できるようにしていかないといけないですね
頑張ります


★おまけ★

はっぴはろうぃ~ん頭にドクロちゃん乗せた、エリザベスです

写真 2016-10-12 21 16 34

◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
2016.02.23 11:38|学会・セミナーの話
早いもので、もう2月も後半ですね
今年はみずほ動物病院を始めて5年目、来年は5周年YEARを迎えます

飼い主様同士での口コミや、病院様からのご紹介、HPを通じて知っていただいた方など、
実にたくさんの、色々な出会いがありました。

在宅での鍼治療やリハビリテーションでは、病院の診療室だけでは伺いしれなかったこと
をたくさん学ぶこともできました。

シニアのわんず、にゃんずの健康維持として診療にあたることも多いので、
もっともっと勉強せねば

今年は意気込んで勉強の一年にしていこうと思っています

というわけで、今年に入ってからは
眼科の実習や、レントゲンの講義、フードセミナーなど、ちょこちょこ足を運んでいますが、
先日、獣医の学会でも大きなもののひとつ、内科学アカデミーに行ってきました。

写真2


みなとみらい駅のパシフィコ横浜で開催のため、
渋谷駅での乗り換えが面倒、、、などとくじけてる場合ではありませんが(笑)、
いつもはついつい運動器疾患ばかりに足を運んでしまうので、違うコーナーにも参加してきました。

皮膚科、血圧、腹部エコー検査、嚥下障害、眼科、運動器疾患の症例検討会など。

動物たちは、足「だけ」腰「だけ」の単一の問題を抱えているよりも
程度は様々ながらも、いろんな問題を複合的に持っていることが多いので

たとえば、、、
変性性脊髄症で嚥下困難を呈した子のリハビリをどのように立ち向かったらいいだろう、、、?
視覚低下もある子、それは暗いところが苦手なのか、明るいところが苦手なのか、
リハビリをどう変えていこう、、、?

など。

まだ正解が無いようなことへの解決の糸口となるようなヒントをもらいに。


皆様に色々と還元できるようにしていきますね


★おまけ★

近所の公園では梅が見頃の今日この頃です。
写真1


メイちゃん。ブログの写真だと小さく見えるようですが、実は17kgくらいあります
実寸サイズがわかりそうな写真を載せてみました(笑)
写真





◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
2015.07.15 16:12|学会・セミナーの話
こんにちは!みずほ動物病院の内田です。
台風のおかげですっかり夏みたいな天気ですね
まだ梅雨があけていないのがウソのようです。
みなさんのわんず、にゃんずは暑さ、持ちこたえていますか?

すく太 「いや、全然無理っしょ!

写真 (62)

(すく太、君ってやつは。。。もうちょっとこう、ピシっと。。。

さて先週「跛行(ハコウ)診断の基礎とコツ」のセミナーに行ってきました。
東京大学の先生が講師を務めてくれましたが、大学ではどういうように進めているのか
このような機会で知ることができるのは大変ありがたいですね!

私の診察では、実際に歩いている様子を
あらかじめ用意していただいた動画で見せていただいたり、
直接歩いてもらったりして観察しますが、

★一定のリズムで歩くこと
★なみあし・はやあしの2種類の歩き方で観察すること


を必ずしも満たした歩き方での観察では無いな。。。と反省したり。


①ここで言う「一定のリズムで歩くこと」って、つまりは飼い主さんやスタッフさんが

リードを短めに持って、
しつけの訓練のように、わんちゃんのペースには合わせずサッサと歩くことです。
わんちゃんが好きににおいをかいだり、周囲をキョロキョロしたりするのはNG

もちろん、シニア犬でそもそも歩きたがらない、とか
椎間板ヘルニアの手術後で、まだ歩けない、などはこれはちょっと難しいので、
ケースバイケースでのお話しですけれどもネ


②あとは、「歩き方がテクテク歩くなみあし・サッサと歩くはやあし」で観察
こちらも、歩く速さによって、重心の位置が変わってくるので
見えずらい足の異常が、歩く速さを変えることでわかりやすくなります。


、、、というわけで、
診察のとき、なんだか妙に歩く時間増えたなぁ~、と思われた方、
先に言い訳をば。。。


超音波を当てて診断の一助とする流れもだいぶルーチンに
なってきているようですし、ときどき情報はアップデートしないとですね


★おまけ★


お散歩でご機嫌のメイちゃん。
だいぶサマーカットな見た目に慣れました(笑) (もっと早起き頑張るね
picture (1)


◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
2015.02.02 16:14|学会・セミナーの話
こんにちは。最近めっきり寒い日々が続きますね
東京でも雪が降りました。(去年の2月の冬が頭をよぎります。。。)

先週、3日間お休みをいただいて、
テネシー大学公式認定のリハビリテーションセミナーに
横浜まで行ってきました。

このコース1~5まであって、すべてを終了するとCCRPという
Certified Canine Rehabilitation Practitioner という認定を得ることができます。

獣医師・看護士・理学療法士・獣医学部学生に限定されるセミナーで、
今回は30名くらいいましたでしょうか。みなさんとっても熱心な方ばかり!

Mills(ミルズ)先生という獣医師が講義・実技をしてくれて、
朝9時から18時まで、なかなか中身の濃い3日間でした。

image (3)

真ん中の男性がミルズ先生、私はその後ろ

私自身は、CRIというフロリダ州で開催されている別グループでの
リハビリテーションの認定コースは終了して、
CCRT(Certified Canine Rehabilitation Therapist)
の認定は持っているのですが、結構前のことになっていますし、
復習やアップデートを兼ねて、受講することにしました。

当時と違って日本の中でもリハビリテーションを積極的に行う病院が増えているので
みなさんでいろいろと情報交換できたのがナイス

今は往診では鍼治療と、徒手・運動療法がメインで、
特に機械を使った物理療法は行っていない当院ですが、
体に良いものはどんどん使いたい、そんな気持ちになりましたね

写真 (41)

↑協力してくれたコジちゃん、ありがとう!

(出張先の深谷の動物病院には既にあるので、
診療にちょっとずつ取り入れてみようかしら

すみません、3日間もお休みいただいたので、少し前後のご予約が窮屈に
なってしまいました。

今回学んだことも少しずつ還元していきますね!
温めケアの重要性とか、飼い主のみなさまにぜひ共有していきたいです。


★おまけ★
ただの親ばかショットですが、メイちゃんの雪の足跡がかわいくてキュン
(ちなみにシッポもずいぶん上がるようになったんですよ~~)
写真 (42)

◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

内田瑞穂

Author:内田瑞穂
獣医師 CVA(獣医の鍼灸師)CCRT(犬リハビリセラピスト)

アメリカで動物のリハビリを勉強しているときに、鍼灸が非常に受け入れられているのをみて可能性を感じ、そこから東洋医学にはまってしまいました。「西洋医学+東洋医学のいいとこどり」を目指しています。

おっとりマルチーズ(すく太)とお尻かじり虫のヨーキー(エリザベス)と生活しています★

ホームページはこちら→ http://mizuhovc.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。