--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.01.11 21:23|診察のご紹介
新年があけてから、だいぶ経ってしまいましたが、
あけましておめでとうございます!
リハビリテーションおよび鍼灸・漢方診療の 【みずほ動物病院】 です。

実は今日1/11をもって、当院は5周年を迎えます
これを機に、fc2さんからアメーバさんへと移行したいと思います。
突然のお知らせで申し訳ありません。

移転先は、↓↓↓よりお越しくださいませ
みずほ動物病院のつれづれ往診記

まだまだしばらくこちらのブログは残しておきます。

今年は、海外で鍼灸セミナーも参加して、当院さらにパワーアップしていく予定です
診療内容ももう少し充実させたいと思っているので、随時お知らせいたします。

今年も皆様のお役に立てるよう、さらに精進して参りたいと思います。
何卒宜しくお願い致します。

みずほ動物病院 内田瑞穂

◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
スポンサーサイト
2016.12.30 12:15|未分類
こんにちは。
リハビリテーションおよび鍼灸・漢方診療の 【みずほ動物病院】 です。
すっかり2016年も終わりを迎えようとしていますね
時が経つのは早いものです。

今日は年末年始のお知らせです。
といっても、今年は暦の関係上、いつもとそんなに変わりがなくて、
アナウンスが遅くなりました

みずほ動物病院では、
1/1(日)、1/2(月)、1/3(水)の3日間お休みをいただいております。


1/4以降は平常通りの診察になります。

今年も一年、たくさんの患者様、ご家族様との出会いがありました。
少しでも笑顔になってほしくて、精いっぱい考えながら、
かといってご家族のご負担ばかり増やさぬよう(リハビリやマッサージ等)、
二人三脚で歩んできたつもりでしたが、これからも一層勉強しながら
それを皆様に還元しながら進んで行きたいと思っております。

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

みずほ動物病院 獣医師 内田瑞穂

★おまけ★

メイ 「来年も、みぃ~んな良い一年でありますように
2016年秋 神宮外苑前にて
写真 2016-12-30 12 12 54



◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
2016.12.02 15:59|診察のご紹介
こんばんは 
リハビリテーション および 鍼灸・漢方診療の みずほ動物病院 です

秋、というよりもうすっかり冬の気配ですね
みなさんのわんず、にゃんずはいかがお過ごしでしょうか

うちのメイは寒ければ寒いほど(!?)元気なようで、最近はお散歩に勤しんでおります。

↓↓ちょっと海外っぽい


写真 2016-12-02 21 49 03


、、、というのは置いておいて。
今日は、久しぶりに当院で頑張るわんずをご紹介するコーナーにしたいと思います。

今回ご紹介したいのは、小麦ちゃん。5歳の女の子のトイプードルです。
とーっても可愛らしくて、かかりつけの病院ではスタッフみんなに大人気
(そしておそらく本人も自分が可愛いことを自覚しているタイプ…

写真 2016-12-02 17 21 24


小麦ちゃん、右足の股関節を脱臼してしまい、
手術後のリハビリテーションのため、かかりつけの獣医さんからのご紹介で診察しています。

こちらが手術後…傷が痛々しいのでぼかしてあります。
かなり左足にばかり体重が乗ってしまっています。

写真 2016-12-02 17 13 29

歩くときも、右足はかなりあげる頻度が高いです。

写真 2016-12-02 17 25 54


リハビリメニューは、小麦ちゃんの術後のタイミングによって臨機応変に変えます。
術後はまだ腫れて熱を持っていたので、アイシングも行ったり。
お薬も痛みどめはしっかり飲んでもらいながら、立つ練習も始めます。

そのうちに、ヨットット、と右足でバランスをとる練習や、
お座りオイデの練習、くぐる練習など、

(↓小麦ちゃんの右側へそっとヨットット…)
写真 2016-12-02 17 35 07

(小麦ちゃんの先にはドライフードが1つ…丁寧にくぐります!)
写真 2016-12-02 17 32 21


そのときの小麦ちゃんの持つ能力と痛みの程度に応じてメニューを組みます。

お外の散歩が解禁になってからは、どうもアスファルトの上だとスキップするクセが
強かったので、公園の緩やかな丘(地面)なども取り入れてもらい始めました。

(↓このころは、だいぶ足をつけるものの、ときどきスキップ。 写真はスキップしているところ)
写真 2016-12-02 17 43 29


凹凸のある土の公園再デビューしてからは、さらにぐっと歩行が良くなりました。
まだリハビリテーションは続いているものの、かなり右足も踏み込んで…。

(↓ピョンピョンと椅子に飛び乗ってしまうほど
写真 2016-12-02 17 41 13


もともと活発な小麦ちゃん、もう痛みは無く、筋力が戻ってきて、バランスも左右差が
無くなってきているので普段どおりの生活が戻ってきました。

関節可動域の値や、筋周囲長も改善です

骨頭切除術 をした後は、運動神経の良いプードルちゃんや
痛みへの恐怖心の強い子などでは、足を挙げたまま、
つまり3本足歩行が普通になってしまうケースがときどき見られます。

それが心配でしたが、今現在手術後1か月半。
順調に筋力が戻ってきているので、安心です

そして何より。
ここまで来るのに、お母様の頑張りには目を見張るものがあります
お母様と二人で、とにかくよく相談しました。

この動きを引き出したいのだけれど、普段の小麦ちゃんとの遊びの中だったら、
どれだったらできるかしら とか、
このマットが一番動きが安定するみたい とか、
このリハビリなら、一度で3往復が限界かしら とか…etc

まずは私が提案して、実際小麦ちゃんでデモンストレーションして、
次にお母様が実践してもらって、

それを私が動画に撮って、お母様に見せながら動きを修正して。


まだリハビリテーション完了までもう少しありますが、
もうあと数回くらいでゴールが見えてきたように思います

あともう少し、頑張りましょう

小麦ちゃん、小麦ちゃんママ、ブログご紹介にご協力いただきありがとうございました。

リハビリテーションは、日々の積み重ねがとても大事。
往診だと、おうちの床材、家具の配置、動物の導線、大好きなオモチャや遊びを
確認しながらプランを作成できるので、本当にこれはいいなぁ…とズッシリ手ごたえです



★おまけ★

ときどき思うのですが、美容院行く前のボサボサヘアーが結構可愛かったりしませんか
(わかる方いますかしら 笑)

写真 2016-12-02 21 51 54



◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
2016.10.26 22:44|学会・セミナーの話
こんにちは 
リハビリテーションおよび鍼灸・漢方診療の 【みずほ動物病院】 です。

だんだん寒くなってきましたね 
今日はやや暖かいようですが、うちのわんずはすでにフリース対応です

体質的に冷えが強い子、寒くなると足腰の症状が悪化する子などには
お灸をすることがあります。

昨日のメイはこんな感じ…
ぼやぁ~ 「暖かいわぁ~」

(保護されたメイは幼少期におそらく交通事故に合っていて、関節炎がびっくりするほどひどいのです

写真 2016-10-26 22 43 16


写真撮り忘れましたが、お灸で火がついているついでにエリザベスとすく太にもやってあげたら
気持ちよさそうに目をつぶっておりました。このヒトたちはただのリラクゼーション(笑)

さてさて。

先日、日本動物理学療法研究会のセミナーに行ってきました

写真 2016-10-26 22 28 29

どちらかというと、理学療法士さんに向けた内容がメインでしたが、
なかでも理学療法士さんからの症例報告は今回の一番のお目当て

獣医目線では無い考え方や視点など、聞いていて大変参考になります
まとめ方とか、、、

みなさん、本当にあの手この手で工夫しながらリハビリをされていて、
アレが無いからできなーい、みたいなことは無く、そのアツい気持ちも刺激になりました

以前別のリハビリセミナーでご一緒した獣医師さんや看護師さんとも出会え、
彼女たちの頑張りからも、とっても良い気をいただきました

私も往診でリハビリを行う者として、
ご家族が実際毎日行うリハビリをいかに簡単に、間違いなくできるようにするか、
工夫していかなくちゃね、と新たに決意です

今現在私と一緒にリハビリを二人三脚で頑張っている方、(わんこも入れたら三人六脚??
どんどん意見交換していきましょうね~

★おまけ★

たそがれすく太 「Hmmm~....天高く犬肥ゆる秋…」

、、、って嘘です! トリミング前なだけです(すく太の名誉のため 笑)
写真 2016-10-26 22 28 21


◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
2016.10.12 21:24|学会・セミナーの話
今日はと~っても爽やかな秋晴れの日でしたね
涼しくなってきたので、メイ(うちのわんこ)もはりきってお散歩に行ってくれて、一安心です

手のイボちゃんを舐めカジしてえらいこっちゃになってしまったので、
毎日包帯巻き替えと、お薬&エリザベスカラーの刑にあってしまったメイ。。。

写真 2016-10-12 21 11 14


ま、本人はあんまりカラーは気にしていないようでホッ。
あと、2,3日の辛抱です。


さてさて
うちの子の話始めると、病院ブログのはずがすっかり愛犬家ブログになってしまうので、
いざ本題へ~

先日、横浜で行われた、「日本呼吸ケア・リハビリテーション学会」へ行ってきました。

写真 2016-10-12 21 11 06


人間の学会なのですが、
リハビリテーションをどうやって医療と適合させているのか、すっごく参考になりました

難しい病気や高齢化によって、呼吸困難な子や嚥下困難の子に対して、
それらを楽にするリハビリテーションのヒントが無いか、と思って参加しました。

「誤嚥させない」というテーマは人間も同じようで。
食べ物と、喉の通りやすさ、飲みこみやすさ、などの相関図も興味深かったです。

サルコペニア、という主に高齢者において筋肉が痩せ衰える状態も、まさに
日々何かできないかと興味津々の分野だったのですが、

こちらもちょうど日本人の超高齢化の中でアツい分野だったようで
栄養学的な管理の話、口腔ケアの話、色々聞けたのがなかなか収穫でした。
動物にもいろいろと応用できそうです。

あまりに盛りだくさんの内容がいっきに集結していたので、
あーもうちょっと掘り下げて聞きたいのにということも多く、
ごっそり本も購入したし、知識の穴埋めもしていこうと思います。

写真 2016-10-12 21 10 54


どうしても、獣医療でリハビリ、というと
整形外科や神経外科のあと、足が上手につけるように、というイメージが強いのですが、

リハビリには動物の生活の質が向上できるような可能性がたっぷり秘められているので、
これを往診を通してもっと皆様に還元できるようにしていかないといけないですね
頑張ります


★おまけ★

はっぴはろうぃ~ん頭にドクロちゃん乗せた、エリザベスです

写真 2016-10-12 21 16 34

◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします
世田谷の鍼灸・漢方の動物病院 みずほ動物病院
07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

内田瑞穂

Author:内田瑞穂
獣医師 CVA(獣医の鍼灸師)CCRT(犬リハビリセラピスト)

アメリカで動物のリハビリを勉強しているときに、鍼灸が非常に受け入れられているのをみて可能性を感じ、そこから東洋医学にはまってしまいました。「西洋医学+東洋医学のいいとこどり」を目指しています。

おっとりマルチーズ(すく太)とお尻かじり虫のヨーキー(エリザベス)と生活しています★

ホームページはこちら→ http://mizuhovc.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。